日常

これから

著:朝霧ル「爽真」 名前って不思議だ。口に出すだけで、あるいは呼ばれるだけで特別な存在のように感じられる。もっとも、私は性格もあってか友達に呼ばれることは多いのだけれど。「爽真」 私の口がその形を象る度に、初めて名前を呼んだ、呼んでしまった…